夏のデブがくさくて嫌い!自己管理能力なさすぎでしょ!! - 通信業界のゆとりが伝えるゆとったブログ

夏のデブがくさくて嫌い!自己管理能力なさすぎでしょ!!

雑記
08 /08 2017

スポンサードリンク



夏のデブくさすぎ

どうもこんにちは、通信業界のゆとり(@yutorinetwork)です。

夏の通勤電車で「うわっなんだこの臭い!くっさ!!」って思うことありますよね。

それで、だいたいそういう異臭騒ぎを起こしているのはお肉たっぷりのおデブさんです。
そんなデブが悲しいほど嫌いです。




デブは臭くなりやすい

デブでも臭くないデブもいるとか、痩せてて臭い人もいるとか言う人もいるかもしれませんが、基本的にデブは臭くなりやすいんです。

基本的に臭い原因は汗です。
肉や油っこいものを食べ過ぎたり、運動しない生活をしていると、汗が臭くなります。

冬場はそんなに汗もかかないので、デブも臭くないですが、夏はすぐ汗をかくので、デブの臭いはやばいことになります。
もはや夏のデブは兵器に近い。


デブになりたくてなった人はいない

そもそもみんな生まれたころは3キロくらいだったじゃないですか。

多くの人は一生ずっとデブという人っていないと思うんです。
普通の体型だったのに、どこかでデブになったと。

そのデブになったのだって、「よっしゃ!デブになったろ!」って意気込んでデブになった人なんていないと思います。
少なくともわたしはそういう人に会ったことはありません。

デブは自分の思いとは裏腹にデブになってしまったのです。

スポンサードリンク




なぜデブはデブになったのか

どこかでデブになったと言っても、1日で20キロ増えたとかいう人はいないでしょう。

何ヶ月か何年かかけて徐々に10キロ、20キロと増えていったことでしょう。

でも絶対10キロくらい体重が増えたときに太ったなってわかってますよね。

それに気づいたにもかかわらず食生活なども変えようとせず、放置した結果さらに太っていったのでしょう。

つまりは、怠惰なんですよ。
自己管理能力がないことを堂々と証明してくれています。


デブは信頼できない

いまデブになっている人は、10キロとか体重が増えたときに太ったと気づいて、痩せないといけないと思ったにもかかわらず放置した人です。

やるべきことをわかっていたのにやらなかったのです。

そのような人は正直信頼できません。
もしなにか頼み事をしても後回しにされるのではないかと心配になります。


痩せようと思えば誰だって痩せられる

「痩せたいのに痩せられない人もいる」という主張はありでしょうか?

「太りたくても太れない人もいる」
これはありだと思います。例えば栄養を吸収しないで排泄されてしまうという場合は、食べても太らないです。

しかし痩せるのは、極論食べなければ誰だって痩せます。

結局のところ消費カロリー以上に摂取カロリーを減らせば絶対痩せるはずです。

1キロ痩せるのに消費しないといけないカロリーは7,200キロカロリーです。
人間の1日の消費カロリーは成人男性で2,000ちょっととかですから何も食べなくても純粋に1キロ痩せるためには3日ほどはかかるのです。

実はわたしも数ヶ月前毎日のようにからあげを食べていたら5キロ体重が増えました。
しかし、毎日食事を1,500キロカロリーに抑えた結果1か月半で元に戻りました。

1,500キロカロリーの食事ってどんなものかっていうとおにぎり約8個です。

朝昼夜全部食べてたまにおやつとかも食べてましたからね、わたし。
朝ソイジョイ、昼社食の定食、夜おにぎりと焼鳥とか。飲み物はお茶か水かゼロカロリー。

これくらいのことするだけで確実に痩せるんです。



わーわーといろいろ言ってしまいましたが、わたしたちは夏の通勤電車で不快を味わいたくないだけなんです。
どうかそれをデブにはわかっていただきたいですね。

それではではー!

スポンサードリンク





関連記事