auが新料金プラン発表!通信料金が毎月2,000円安くなる!? - 通信業界のゆとりが伝えるゆとったブログ

auが新料金プラン発表!通信料金が毎月2,000円安くなる!?

通信業界
07 /10 2017
auからのビッグニュース



どうもこんにちは、通信業界のゆとり(@yutorinetwork)です。

今日は朝早くからauがビッグニュースを発表していました。
ダブルチーズバーガーではありません。
なんと新プランの発表です。

昨年のiPhone発売前にソフトバンクが大容量プランを発表したかと思えば、今年はauがさらに全体的に安くなるプランを発表しました。

正直、料金体系が複雑で、発表直後は安くなってるのか安くなってないのかいまいち理解できませんでしたが、整理に整理を重ねた結果理解できました。

安くなってます!!


ライトユーザー向けとヘビーユーザー向けの2種類

発表されたのは段階定額制であるピタットプランと、完全定額のフラットプランです。

ピタットプランは通信量が5GBを超えるまでは1GB刻みで料金が増えていき、5GBを超えると20GBが上限の定額となります。

ピタっとプラン


フラットプランは20GBと30GBのプランが上限の定額プランです。

ピタットプランで3GB以上使う場合と、フラットプランの20GBのプランの料金がほぼ同額で、5GB以上を使う場合だとフラットプランのほうが安くなるので、普通にスマホで動画を見たりインスタやtwitterのSNSを利用する人はフラットプランのほうがいいでしょう。

つまり、ピタットプランはライトユーザー向け、フラットプランはミドル~ヘビーユーザー向けといったかんじでしょう。

段階定額とフラット定額といえば一昔前の料金プランを思い出しますね。

スポンサードリンク



端末を長く使う人への不公平を改善

この新しいプランでは、毎月割という端末代金を支払っている期間の割引がありません。

その分、通信料金を割引しています。

例えば、auから出るシャープの新端末AQUOS Rの場合、従来プランだと毎月割が1,500円程度ありました。しかし、新プランの場合は、毎月割を廃止する代わりに元々の通信料金が1,500円程度安くなっています。

それでは、割引の項目が変わっただけで、全体的に安くなっているわけじゃないではないかと思うかもしれません。

しかし、この新プランのいいところは元々の通信料金が安くなっているということです。
従来では端末代金を支払終わった2年後には割引がなくなってしまいますが、新プランではずっと安くなったままです。

これによって、2年で買い替える人と端末を長く使う人の不公平さをなくしました。

さらにauは端末代を48か月分割支払いにするという荒技で、端末購入から4年間料金が変わらないような見え方になりました。


料金イメージ図



アップグレードプログラムで2年買い替えもお得に

さらにさらにauはアップグレードプログラムを提供し、毎月390円を2年間、約1万円支払いをすれば、2年以降の端末代の残額を支払いなしで機変することができるようになります。

機変アップグレードプログラム


さすがに端末を4年使うってきついです。iPhoneで考えるとわかりやすいかもしれませんが、iPhone5とiPhone7くらい差があります。

auとして端末代金を割引したことになってしまいますが、1万円をとることができますし、端末は回収するので、中古市場に流すこともできるでしょうからauとしてもそんなに大きな負担ではないでしょう。


3GBでシミュレーション

毎月の通信量が3GB弱の場合のシミュレーションをしてみます。
端末代金が3,600円×24、毎月割が1,500円とします。

【従来プラン】
スーパカケホ + LTEネット : 2,000円
パケット定額3GB : 4,200円
実質端末代金(24か月) : 2,100円
計 : 8,300円

【ピタットプラン】
基本プラン : 5,480円
端末代金(48か月) : 1,800円
アップグレードプログラム(24か月) : 390円
計 : 7,670円

2年で買い換える前提でアップグレードプログラムを入れましたが、この場合は従来よりも毎月600円程度安くなります。ただし、下取りはなくなるので結局毎月200円とかくらいしか安くならないでしょう。

また、2年以降は従来プランが6,200円なのに対し、ピタットプランでは7,280円と逆に1,000円高くなってしまうので、長く使う場合はあまり安いとは言えないでしょう。


20GBでシミュレーション

毎月の通信量が20GB以内の場合のシミュレーションをしてみます。
端末代金が3,600円×24、毎月割が1,500円とします。

【従来プラン】
スーパカケホ + LTEネット : 2,000円
パケット定額20GB : 6,000円
実質端末代金(24か月) : 2,100円
計 : 10,100円

【フラットプラン】
基本プラン : 6,500円
端末代金(48か月) : 1,800円
アップグレードプログラム(24か月) : 390円
計 : 8,690円

ということでおおよそ1,500円程度フラットプランのほうが安くなりますね。

2年たってからも、従来プランは8,000円、フラットプラン8,300円でさほど変わりないです。


シンプルプランが熱い!

上の比較は基本的には従来プランとの比較だったので、従来プランでもっとも一般的なスーパーカケホと同等サービスの場合で話をしました。

スーパーカケホは5分までの通話料金は無料というプランでしたが、そもそも通話しなかったり、LINEで通話する人にとっては通話無料いらないから安くしてくれという要望が多くありました。

そして今回の新プランにはシンプルプランとして、通話無料がないプランが提供されます!

通話無料はもちろんありませんが、基本料金が500円安くなります。これは従来プランと比較しても確実に安くなる部分なので、とてもうれしいですね。フラットプランの場合であれば、元々の1,500円程度安くなるのに加えて500円なので計2,000円くらい安くなります。

さらにさらにビッグニュースキャンペーンということで、新プランに申し込むとさらに1年間1,000円割引されるというキャンペーンも開催するそうです。

au太っ腹すぎるよ!さらにダブルチーズバーガーまであげちゃうの!?

ということで、auの新プランがどう安いのか解説させていただきました。

重い腰をあげ値下げに踏み切ったau、よくがんばった!ドコモとソフトバンクも対抗策を出してくるのか見ものですね。
まあ、それでもわたしは結局スマホのSIMはLINEモバイルで家に固定で安い光インターネットを入れるのが1番安いと思いますけど。笑

【関連記事】携帯キャリアの人が選ぶ1番おすすめでいい格安SIM
【関連記事】携帯キャリアのスマホ料金は高いけど光インターネットは安い!毎月1,000円お得に
それではではー!

スポンサードリンク





関連記事