CASHもPaydayもツケ払いもソーシャルレンディングも結局金貸しサービスは金利と貸倒のバランス - 通信業界のゆとりが伝えるゆとったブログ

CASHもPaydayもツケ払いもソーシャルレンディングも結局金貸しサービスは金利と貸倒のバランス

おすすめサービス
06 /29 2017
金利と貸倒

どうもこんにちは、通信業界のゆとり(@yutorinetwork)です。

朝起きてスマホでニュースを見ていたら昨日記事に書いた質屋アプリというかノールック少額融資アプリCASHが査定を停止していました。サービス開始からわずか16時間で3.6億円ものお金がキャッシュになったそうです。
その中の1.6万円はわたしですね。
【関連記事】現金化アプリ「CASH」がやばい!!感想、査定金額、金利などまとめます
【関連記事】ノールック少額融資アプリCASH ガバガバ査定まとめ

ものすごい反響があったせいか、批判するひとも数多くいます。
法律的にやっぱりアウトなんじゃないかとかあるかもしれません。

ただ、話題にはなっていますが、やっていることは昔からある質屋という金貸しサービスなんですよね。
CASHがすごかったのはそのユーザー体験で、スマホで写真を撮るだけで、目の前のものがキャッシュに変わるという魔法のような感覚です。もはや写真を撮らなくても査定金額自体は変わらなかったため、ノールック少額融資と言われていましたが。。。

それで、CASHを運営するBANKはPaydayというお給料前借りサービスもはじめようとしています。詳細はわかりませんが、まあこれも金貸しサービスです。
また、ゾゾタウンのツケ払いもお金はGMOが払っておくからあとで手数料つけて返してねという金貸しサービスですし、わたしがやっているソーシャルレンディングも個人が企業にお金を貸しています。銀行ももちろんそうですし、クレジットカードもそうです。ただ、クレジットカードは手数料をお店が支払うという点が違いますが。

ということで、CASHはすごく話題になりましたが、実際にやっていることは上にあげたような金貸しサービスと大差はないと思っています。

それでこれらの金貸しサービスは結局、「金利で得られる収入」と「貸倒れによる損失」どっちが大きいか、ただそれだけなんですよね。

スポンサードリンク



金利と貸倒れの式

それでは、どのように金利と貸倒れを数式で表すのか示していきましょう。

すごくかんたんに考えるために、貸すお金は元からあったお金でどこかから調達したお金ではないということにします。つまり、お金を貸すためにお金を借りることはしないということです。

また、そのお金を管理するためのコストもなしとします。

貸すお金をa円、金利をx%、貸倒率をy%としたとき、金利収入と貸倒れによる損失は次の式になります。

金利収入=a × (1-y) × x
貸倒れによる損失=a × y

なのでお金を貸す側は、金利収入>貸倒れによる損失の不等式が成り立つように金利x%と貸倒率y%を調整すればいいのです。

なので、上の式でとある貸倒率のとき、ちょうどプラマイゼロとなる金利は以下のようになります。

x = y / (1-y)・・・①

非常にシンプルです。
結局昔からある金貸しサービスなので、構造はいたってシンプルなんですよね。
もちろん、返済が遅れたときなどはもうちょっと複雑になってきます。

CASHの場合を考えてみる

上のかんたんな式をCASHに当てはめてみます。
CASHの手数料15%、つまり2か月金利15%ということですね。

2か月で返金されれば、15%の収入を得ることができますが、2か月たってそのままトンヅラされて返金されなかった場合は、まるまる貸した金額を失います。

さて、CASHはざっくりどれくらいの貸倒率まで耐えられるのでしょうか。
実際は数千円借りる人もいれば2万円借りる人もいると思いますが、ここでは、全員上限の2万円お金を借りるという前提とします。

①の式を変形すると、以下のようになります。

y = x / (1+x)・・・②

このxに15%を代入すると、貸倒率yは約13%となります。
つまり、CASHの場合ざっくり計算で貸倒率13%くらいまでは利益がでますが、それを超えると貸せば貸すほど赤字になっていきます。実際は他にもいろいろコストがあるはずですから、まあ10%程度でみるべきでしょうか。

この貸倒率10%をどう捉えるかですが、これはわからないですよね。
だって審査もなくあんなノールック融資をしていたら、ばんばん貸倒れになってしまうのは十分有り得そうです。10人に1人くらい返さない人いそうですよね。

ということで、CASHの中身を計算してみました。返さない人を10人に1人以下にしないということなので、社長も言ってるように性善説を信じた金貸しサービスです。CASHにはまずホワイトなサービスだと証明してもらい、性善説が勝つのかどうかしかと見届けさせてもらいたいですね。

これからリリースされるPaydayの詳細も楽しみに待ちましょう。



スポンサードリンク



関連記事