現金化アプリ「CASH」がやばい!!感想、査定金額、金利などまとめます - 通信業界のゆとりが伝えるゆとったブログ

現金化アプリ「CASH」がやばい!!感想、査定金額、金利などまとめます

おすすめサービス
06 /28 2017
CASH ロゴ

どうもこんにちは、通信業界のゆとり(@yutorinetwork)です。

今朝起きたらtwitterでとあるサービスが話題になっていました。
それが「CASH」というサービスです。



かんたんに言えば、質屋です。
自分の所有物を現金化して、一定期間の間にお金を返せば預けたものが戻ってきますし、そのまま所有物を手放して現金化してもいいのです。

普通質屋は、店舗を構えて、店の人がその商品をじっくり査定して、買い取りする金額または質預かりとして渡せる金額を決めるのですが、このCASHはそれがスマホでめちゃくちゃかんたんいできます。

スマホで写真を撮るだけ現金化

スポンサードリンク



なんとCASHの査定は、自分の所有物のブランドと商品カテゴリ、および状態を選択して、写真を撮るだけなのです!

そうすると数秒で査定が終わり、キャッシュの金額が表示されます。
その金額に納得すれば、キャッシュにすることができますし、納得できなければキャンセルできます。

キャッシュにするを選択すると、アプリ上のウォレットにキャッシュが入ります。
このウォレットにあるキャッシュは銀行口座に250円の振込手数料を支払えば、口座に入金されます。銀行の営業時間内であれば即入金です。また、コンビニのローソンでも現金化することができます。

このCASHのすごいところは、現金化しても2か月は自分の手元に置いておいていいのです。そして2か月の間に、写真を撮った所有物を手放せばお金は返さなくていいですし、お金を返せば所有物は手放さなくて大丈夫です。
ただし、お金を返す場合には15%の手数料を支払わなければいけません。
所有物を手放す場合は送料無料で配送業者がものを引き取りに来てくれます。

わたしも実際に使ってみましたが、ほんとうにかんたんで、キャッシュにするまで1分、銀行振込を選択して実際に口座入金が確認されるまで1~2分でした。
自分の部屋から1歩も出ずに5分以内に所有物を現金に変えてしまったのです。もはや魔法です。

このユーザー体験ははんぱなくて震えました。

手数料15%は年利約90%!?

自分の所有物を預けて、お金に変えるというのは、つまり所有物を担保にお金を借りているということです。そして、2か月後にお金を返す場合に手数料15%必要ということは、2か月で金利が15%かかっているということです。

かんたんに×6して年利換算すると、年利約90%となります。

年利90%です!!

冷静に考えると恐ろしいです。年利90%ですよ?
通常金利が高いものを思い浮かべると、カードローンとかリボ払いが思いつきますが、さらっとググったかんじイオンカードのカードローンで年間の最大金利が13.8%、リボ払いも相場で20%弱っぽいです。

CASHは金利年約90%です。。。

例えば、カードローンとかでは貸出の最小額が10万円だったりするので、1万円だけ必要な場合は、CASHでは手数料が1,500円なのに対して、10万円借りてしまうと2,300円程度金利を支払わなければならないので、そのような少額の借金であればCASHのほうがいいかもしれません。

ちなみにゾゾタウンも昨年ツケ払いというのもはじめました。
上限5.4万円で手数料324円で2か月以内に支払いをすればいいというものです。このツケ払いの場合、上限まで使った場合の金利は年約4%程度です。仮に1万円の場合は年約20%程度でリボ払いと同じくらいになります。
これを見てもCASHの手数料を金利と考えると、はんぱない金利だということがわかるかと思います。

こんなに査定金額高くて大丈夫!?

CASHでお金を借りる場合は、自分の所有物に対してそれに相応するお金を借りることができますが、実際どれくらいの査定金額になるか、試してみました。

わたしが査定に出したものは、何年も前に購入したmuseum neuのRadioheadのTシャツです。

CASH Tシャツ


ブランドは「museum neu」、ジャンルは「Tシャツ」を選択し、コンディションはわりと綺麗だとは思っていますが、なにせかなり前のものなので1にしました。
査定金額の結果、

1,000円でした!!

正直びっくりしました。もうわたし着ていないTシャツですし、300円くらいかなと思っていました。
ほかにもアメリカンラグシーのTシャツも1,000円でした。基本的にコンディション1で全部やりましたが、他にもナノユニバースのダウンジャケットは3,500円、バーバリーブラックレーベルのチノパンは1,000円、タケオ・キクチのピーコート1,000円、シップスジェットブルーのジャケット1,400円などで1,000円を下回るものはありませんでした。

あまりにかんたんすぎて着なくなったものなどをどんどんキャッシュにしていったら合計10品のとこで上限になりました。1回の取引上限は10品のようです。

CASH上限


あの梅木さんもツイートしておりましたが、ほんとにいいものであれば、万単位になるようです。



わたしの感覚的に査定額が高いと感じています。
個人的に思うことですが、たしかにお金を借りることを目的としていた場合、数百円を10個積み上げても数千円にしかならず、これでお金を借りようと思うひとはあまりいないでしょう。しかし、最低単価1,000円にすることで10品出せば、確実に1万円を超えますので、借りるモチベーションは高くなるでしょう。

運営元のCASHからしても手数料率15%なので、料率をかけるもとの金額が大きいほうが収入も大きくなります。

しかし、もちろんCASHはお金を返してもいいですし、そのままお金をもらってものを渡してもいいのです。つまり、所有物を売るということですね。もし売りたいものがメルカリよりもCASHのが高く売れるのであれば、CASHを選択するでしょう。なので、査定金額をあまり高くするのもCASHとしては非常にリスクが高いのです。

わたしの感想としては、今の査定金額はリスクをとりすぎているのではないかと感じています。おそらく今後、査定金額などにチューニングが入っていくことになるでしょう。少なくとも、写真をとるときに、ブランドと商品ジャンル以外に「商品購入時期」を入力するだけでもCASHはリスクを下げることができるのではないでしょうか。

とりあえずわたしはこのCASHの体験にとりつかれてしまい、合計10品16,000円のキャッシュを手に入れ、250円の振込手数料を支払い現金化してしまいました。

CASH 振込


基本的にメルカリで売ろうと考えてたものだったので、すぐにキャッシュを返さないを選択して集荷依頼を出しました。自分の中ではいらないものだったので、想像以上の査定額が提示されほんとに現金が振り込まれていてやばすぎるので、逆に怖くなっています。

残念ながらCASHはまだiPhoneアプリしかリリースされていないそうですが、こんなに衝撃をうけたアプリは初めてかもしれないので、体験してみたい方は査定だけでもしてみるといいかもしれません。



スポンサードリンク



関連記事