【LINEみどりくじ当選者におすすめ】絶対にLINEPayカードを持つべき3つの理由 - 通信業界のゆとりが伝えるゆとったブログ

【LINEみどりくじ当選者におすすめ】絶対にLINEPayカードを持つべき3つの理由

おすすめサービス
05 /02 2017
Card_Brown.jpg

5/1からLINEのグリーンウィークと名うって、みどりくじがはじまりました。みどりくじは無料でLINEの友だちに贈ることができ、くじに当たると贈った人と受け取った人で半分ずつ当選金がもらえます。1等はなんと100万円です。4等でも1,000円で10万本、5等の100円にいたっては300万本と無料でこれだけ当たるというのはすごいですね。計算してみると総額5億1,700万円をばらまいているということになります。ただし、この当選金はLINEPay残高として付与されます。LINEPayとはLINEが提供する決済サービスで、オンラインショップの支払いに使えたり、無料で発行できるプリペイドカード「LINEPayカード」を持っていれば銀行口座からお金をチャージして、コンビニなどのクレジットカードが使えるお店で利用できます。つまり、LINEのみどりくじはLINEPayの利用者を増やすためのキャンペーンなのです。
このように聞くと、LINEの思惑どおりにされたくないと思うかもしれませんが、このみどりくじのキャンペーンに乗ってLINEPayカードを作成することを絶対的におすすめします。その理由について書いていこうと思います。

目次
1.ポイント還元率が2%
2.ポイントが圧倒的に利用しやすい
3.モバイルSuicaへのチャージでおサイフケータイにも
4.LINEPayカードのデメリット


1.ポイント還元率が2%

img_a99aba23d484caf8fb22eed38463e51626037.jpg


まずはなんと言ってもLINEPayカードのポイント還元率は2%というのが大きなおすすめポイントです。通常クレジットカードのポイントカードは高くてもポイント還元率は1%です。100円で1ポイントですね。楽天カードやヤフーのYJカードがそうですね。それに加えてキャンペーンで還元率が高くなることはありますが、一般的には1%でも高いです。リクルートカードやレックスカードでも1.2%程度です。それがLINEPayカードは2%なのです。しかもLINEPayはプリペイドカードです。EdyやWAONなどのプリペイドカードはポイント還元率は0.5%(200円で1円)ですから、LINEPayカードは異次元の還元率の高さです。通常クレジットカードにはリボ払いという機能があり、決済取扱高に対するカード事業者の収入がリボ払いの利息で0.5%程度上がります。そのため、クレジットカードのポイントは還元率を1%にしても収益を保てているのですが、LINEPayカードはプリペイドにもかかわらず高還元率を実施してくれています。この還元率が今後も続いてくれるのかはわかりませんが、少なくともこの2年間はずっと2%でしたので、改定があるまではおすすめしていきたいと思います。


2.ポイントが圧倒的に利用しやすい

exchange-icon-line-point-200x150.png


上ではポイント還元率についておすすめしましたが、ポイントの利用のしやすさもLINEPayをおすすめする理由の1つです。ポイントはLINEポイントとして付与されます。LINEポイントはAmazonギフト券やnanacoポイント、JALのマイレージなど有名なポイントに交換できます。しかし、1ポイントがそのまま1ポイントとしては交換されなく、例えばAmzonギフト券では550ポイントで500円分のAmazonギフト券と交換になります。
でも1ポイントは1円分で使いたいと思いませんか?そこでおすすめのポイント利用方法は①LINEPay残高へのチャージ②LINEスタンプの購入です。
①LINEPay残高へチャージすることで、再度LINEPayカードでの支払いに使えます。しかもこのポイント交換は1ポイントから交換できるので、よくあるポイントのように1000ポイントたまったらということはありません。お買い物で付いたポイントがまたお買い物で使える。最も利用しやすい方法ではないでしょうか。
②LINEスタンプの購入にも使えます。通常スタンプはLINEコインを使って購入するのですが、LINEポイントでも購入することができます。しかも交換レートが非常に高いのです。LINEコインは50コイン120円で購入できます。安いスタンプ1個120円ということですね。しかし、LINEポイントでこの50コイン分のスタンプを購入すると100ポイントで買えます。つまり、1ポイントが1.2円分の価値になるのです。
このようにお得で使いやすいポイントというのもLINEPayカードをおすすめする大きな理由です。


3.モバイルSuicaへのチャージでおサイフケータイにも

logo_header.png


昨年のiPhone7発売でSuicaが非常に注目を浴びました。Androidではずっと使えていましたが、iPhoneでもついにモバイルSuicaを利用することができるようになりました。なぜここでモバイルSuicaの話が出てくるのかというと、モバイルSuicaのチャージにLINEPayカードが利用できるからです。しかも、ポイント還元率は2%のままです。つまり、ポイント還元率2%のモバイルSuicaができたということです。LINEPayカードでの支払いも全然楽なのですが、認証の時間もあるため、Suicaが使える場所であればSuicaを使ったほうが早いです。また、これによりカード支払いができない電車の運賃にも2%の還元がつくということになります。Suicaへのチャージはスマートフォンアプリからできるため、切符売場に行くこともなくなります。
お財布ケータイ機能付きAndroidやiPhone7を利用している人にはこのことをとてもおすすめしたいです。


4.LINEPayカードのデメリット

ここまでメリットばかりでおすすめしましたが、デメリットというか使いにくいところもあるので合わせて紹介します。まず、1日にチャージできる限度額は10万円です。なので、例えば15万円くらい支払いをしようとしても、元々残高に5万円以上ない場合は支払いができません。次に、プリペイドカードの特徴でもあるのですが、光熱費のような毎月の支払いには基本的には使えません。ただし、例外もありLINEモバイルのようなLINEが提供しているサービスなどは使える事例もあります。また、LINEPayカードへのオートチャージ機能はありますが、支払いで足りないときに自動的にチャージされる機能はありません。同時にSuicaのオートチャージへも対応しておりません。他にもプリペイドカードですが、支払い時にサインを求められる場合もあります。このような少し不便と思ってしまうようなデメリットもあるので、認識しておいていただきたいです。


いかがでしたでしょうか。後半ではLINEPayカードのデメリットも紹介しましたが、はっきり言ってそれよりもメリットのほうが大きすぎます。なにせ無料なのですから。私はかれこれ1年半、LINEPayカードをメインカードとして利用しています。ぜひこのみどりくじの機会にみなさんも使いはじめてはいかがでしょうか。LINEPayカードはLINEアプリの一番右のタブ内にあるLINEPayの項目から発行手続きができます。アプリ内ですぐに申し込みができてしまうのも便利ですね。
関連記事