【レビュー】パナソニックのジェットウォッシャーで虫歯予防!歯ぐきの汚れも綺麗に!! - 通信業界のゆとりが伝えるゆとったブログ

【レビュー】パナソニックのジェットウォッシャーで虫歯予防!歯ぐきの汚れも綺麗に!!

おすすめアイテム
06 /04 2017
どうもこんにちは、通信業界のゆとりです。
先月パナソニックのジェットウォッシャードルツという製品を買いました。

体質なのか、磨き方が悪いのかわたしは虫歯がけっこうよくできます。まったく誇れることではないですが、数年前に歯の検診をしてみたらなんと虫歯が8本もありました。
正直かなりショックでした。しかも、その中の1本はかなり悪くなっていて、神経を抜かなくてはいけませんでしたし、その歯の補強のためにセラミックを使ったため10万円くらいお金がふっとびました。

なんとかすべての歯を治療し、今では歯磨きに加えてフロスもやって、3か月に1回歯の定期検診を受けています。それでも衛生士さんからまだ歯に汚れが残っていると言われてしまっています。

今はなんとか虫歯はないですが、今後まだまだ不安は残っていたところに、このジェットウォッシャーを見つけて購入しました。このジェットウォッシャー、使ってみて今までの歯磨き生活が一気に変わる製品だと感じました。



ジェットウォッシャーはどんな製品?

このパナソニックのジェットウォッシャーですが、一言でいうと、歯の洗浄機というかんじでしょうか。タンクに入れた水をジェット噴射させて歯の間に残った汚れを洗い流します。

歯ブラシで汚れを落としても歯の間に汚れが残っていたり、歯ブラシで届かない汚れをはじき飛ばすことができ、パナソニックのホームページによると浮遊性のプラークがうがいの4倍落ちるそうです。

実際のジェットウォッシャーの写真は以下です。

ジェットウォッシャー写真600


持つところはよくある電動歯ブラシくらいの大きさです。
洗面台に置くことはきついので、パイプシェルフのような台や棚があるといいと思います。

ジェットウォッシャーのすごいところ

このパナソニックのジェットウォッシャーの特徴としてジェット水流とバブル水流という2種類のモードがあるということがあげられます。ジェット水流は勢いがよく歯と歯の間などの汚れを落とすのに有用で、バブル水流は歯茎にあてるときに有用です。

水の強さも1から5まで無段階で調整することができ、使い始めは弱い水流にして、慣れてきたら強くすることができます。

ジェットウォッシャーの使い方

ジェットウォッシャーの使い方もかんたんです。
まず、コンセントを入れて、タンクに水を入れて蓋をしてタンクをセットします。

次にダイアルを回すと動き出しますので、好みの水流の強さに合わせます。このときはまだノズルから水は出ていません。

そしたら電動歯ブラシの電源を入れるようにスティックを持ってスイッチを入れます。スイッチは2段階あり、ジェット水流とバブル水流の2モードを選択できます。最初はちょろちょろと水が出ますが、すぐに水の勢いはよくなるので、水が溢れないように気をつけましょう。

あとは自分が好きなように汚れを落としていきます。パナソニックのホームページでは歯の表面の汚れ除去、刺繍ポケット洗浄、歯間洗浄、歯ぐきケアの4つの洗浄方法が示されていました。

ジェットウォッシャー洗浄方法600


また、もちろん水がずっと出ていて口の中に水がたまりますので、口から水がこぼれないように注意しましょう。

パナソニックも公式で使い方動画を出していたので貼っておきます。



ジェットウォッシャーを使った感想

ジェットウォッシャーを使ってみて1番思うのは、すごく歯がツルツルになったということです。歯と歯ぐきの間の残りかすも綺麗にとることができてすっきり爽快です。歯科衛生士さんにも歯と歯ぐきの汚れが残っていると言われてフロスでがんばってはいたのですが、これで解決です。

正直このジェットウォッシャーなしの生活はもはや考えられないレベルです!!
値段も8,000円くらいなのでなかなかお手頃です。いいシェーバーとかいいドライヤーとか万超えますからね。

わたしの場合は、だいたい1回分でジェット水流を使って歯と歯の間の汚れを落とし、もう1回分でバブル水流を使って歯と歯ぐきの間を綺麗にします。

たぶんですが、だいたいの人は最初は歯ぐきから血がでると思います。ただ、血が出るのは歯ぐきが弱っているということなので、しっかりとケアしていけば血はでなくなると歯科衛生士が言っていました。

しかし歯ブラシとこのジェットウォッシャーで完璧かというと、そうではないとわたしは思いました。歯と歯ぐきの間はフロスでは掃除しにくくてジェットウォッシャーのほうが綺麗になってると思いましたが、歯と歯の間はやはりフロスのほうが効果がある気がします。なので、歯ブラシ、フロス、ジェットウォッシャーの3本柱で歯のケアをしていこうと思います。

自分では綺麗になっていると感じましたが、実際どの程度汚れがとれているのか客観的な意見はもらってないので、来月歯の定期検診のときの看護師さんの反応を見てみたいと思います。

歯は一生モノで永久歯は生え変わりません。虫歯が8本も発覚したときほんとうに将来歯がなくなってしまうのではないかと不安になりました。いつも歯医者の広告に煽られてるのですが、どうやらスウェーデンは歳をとっても歯が全然抜けないらしいんですよね。それはケアがしっかりできているからのようです。対して日本は半分くらい抜けちゃうみたいなんです。うーん、歯は維持したいです。わたしもケアがんばります!

関連記事