わたしがNHKを嫌いな理由 - 通信業界のゆとりが伝えるゆとったブログ

わたしがNHKを嫌いな理由

雑記
05 /14 2017
NHK嫌い


こんにちは、通信業界のゆとりです。
突然ですが、わたしはNHKが嫌いです。
小さいころはそんなことは思っていなかったのですが、一人暮らしをしはじめて自分で料金を支払うようになってからは嫌いになる一方です。


NHKは月額2,200円の強制課金コンテンツ

NHKが嫌いな理由は、月額2,200円を強制的に支払わなければいけないコンテンツサービスということです。人によっては1,200円程度かもしれませんが、おおよその人は衛生契約になり、約2,200円を月に払っているでしょう。

別に見たい人だけお金を支払うというモデルであればまったく文句はないです。
しかし、そんなことはなくテレビを持ってさえいれば強制的に支払いを求められます。

なぜ2017年にもなってこんなモデルが存在しているのでしょうか。
百歩譲って国営企業ならまだ税金のようなものとして受け入れられますが、民営企業ですからね。

月にして2,200円、年で約25,000円。10年だったら25万円です。
10年で25万円ですよ!!なかなかいい海外旅行できます。

ほんとうにこんなにお金をとられているかと思うと腹がたって仕方ありません。


2,200円の価値はない

まだ、まだですよ、ほんとうに充実したコンテンツが揃っているなら、まあ払ってもいいかと思うかもしれません。まあそんなことはないです。

みなさんは月にどれくらいNHKの番組をみていますか?
わたしは1時間も見ていないです。なんなら年に10回もNHKをつけていないくらいです。

仮に月1時間しか見ていないとしたら2,200円/時間です。
4DXの映画より高いです。

いやいや紅白とかすごいじゃんという人もいるかもしれません。たしかに紅白はおもしろいです。
でも年に1回ですよ?
何千万世帯から毎月2,200円のお金もらっていて、あれくらいやるのって当たり前じゃないですか?

朝ドラおもしろいじゃんという人もいるかもしれません。
いやいや、朝のあんな時間みんな通勤してますよ。
ネットでも同時配信しないんですか?せめて追加料金なしでアーカイブ配信もしないんですか?
今2017年ですよ。
月2,200円も支払ってるんだからそれくらいやってくれてもいいでしょう。

ということでNHKに月2,200円払う価値はないです。


月2,200円でもっとおもしろいものが見れる

月2,200円あれば十分NHKを補完でき、さらに豊かな映像を楽しめるでしょう。

例えば、国会であればニコニコ動画で見れますし、相撲の中継もスポナビライブがやっておりハイライト映像であれば無料です。相撲の放映権もそれほど高くないと思うので、abemaTVが無料で配信することもありえそうです。

一般的なニュースは民放でも見れますし、abemaはニュースは24時間配信しています。

ドラマなんてNETFLIX見たほうがいいです。おもしろさ圧倒的です。
バラエティ番組なんてそもそもNHKがやる必要あるのでしょうか。

唯一NHKしかできなさそうなのはやはり紅白ですが、まあ月2,200円払わなくてよくなるなら紅白なくてもいいです。

月2,200円あったらどれだけ映像サービスを豊かにできるか想像してみます。

わたしの場合、NETFLIXは外せないので、スタンダードプランとして950円。
アニメも見たいしdアニメストア400円いれますか。
まああとスポーツでDAZNも入れようとすればドコモユーザーであれば980円ですし、ソフトバンクユーザーならスポナビライブがいいかもしれませんねえ。
これでおおよそ2,500円弱。あとはabemaとか普通に民放があれば十分すぎるでしょう。

スポーツいらなければdTVとかニコニコとかHuluとかもいいですよ。

2017年、月2,200円でほんとうにいろいろなサービスが楽しめます。


いざというときだったら300円でよくない?

それでも、いざというとき、災害のときなどはNHKが必要でしょうという人もいるかもしれません。
たしかにそこに関してはわたしもNHKがあったほうがいい気がします。

であれば別にそのような緊急時だけやってくれればいいので、月300円でどうでしょうか。
月300円で緊急時に放送してくれる。保険のようなかんじです。
それで追加2,000円して、他のものも見たい人は見れるようにすればいいじゃないですか。

何度も言いますが、月2,200円を強制課金していらない番組まで放送してるのはおかしいです。
通信業界にいる身として、最近のスマホ料金高すぎ問題よりこっちのがよっぽど問題だと感じています。

この制度が是正されることを強く願っています。
関連記事