dTVはなぜこんなに安いのか - 通信業界のゆとりが伝えるゆとったブログ

dTVはなぜこんなに安いのか

ウェブコンテンツ
05 /13 2017
dTV.jpg


こんにちは、通信業界のゆとりです。

みなさんはdTVというサービスをご存知でしょうか。
ドコモが提供する動画配信サービスなのですが、これが他の動画サービスに比べてありえないほど安いのです。
今日はなぜこんなに安くサービスを提供できるのかについて解説します。

dTV500円という圧倒的安さ

大手の動画配信サービスというとdTVの他にはHuluやNETFLIXがあります。
各サービスそれぞれ特徴はありますが、正直どのサービスも十分に楽しめるコンテンツが揃っています。しかし、dTVだけが圧倒的に安いのです。dTVは500円、あとの2つは約1,000円となっていて、dTVは他サービスに比べて約半額でサービスを提供できています。

月額表



しかも、dTVはおそらくそれなりに利益が出ているとドコモの決算からわかります。一方で、NETFLIXについては日本の業績はわかりませんがアメリカ以外は赤字、Huluも日テレの決算発表で赤字となっています。

サービス面では他と比べても見劣りせず、その上で月額は500円という低価格、そしてしっかりと利益まで出す。
dTVはなぜこれらをすべて可能にしているのでしょうか。


使わない人が使う人の分まで払ってくれている

理由を言ってしまえば、dTVを使わない人も月額料金を支払っており、コンテンツ提供する会社からコンテンツを安く仕入れることができるからです。いい例えかはわかりませんが、スーパーでお茶を買うとき500mlペットボトルだと80円くらいにもかかわらず2Lは140円くらいで買えたりしますよね。量をたくさん買ってくれるなら、その分1Lあたりの単価は安くするよということです。
お茶とかにもかかわらず業務用スーパーが安いとかもこういう理由ですよね。dTVもドコモとコンテンツ提供会社との間はそれと似た関係です。ドコモがいっぱい契約者とるから安くしてよーと言って、コンテンツ提供会社もそれなら1契約あたりの単価は安くするよーとなるのです。

では、なぜdTVを使わない人も月額料金を払ってくれているのでしょうか?

それはドコモがスマホを売るときに一緒にサービスをくっつけて売っているからです。
ドコモでスマホを買うときに、「オプションサービス9個くらい入ったら機種変更手数料をタダにします。オプションは1ヶ月以内に解約すればお金もかかりません」と言われたことありませんか。

このようにだいたい2,000円か3,000円くらい割引されて、それならとりあえず割引しておこうかなと思う人はけっこういます。
割引してくれるならまだいいのですが、オプションサービスに入らないといけないと言われることもあります。

サービスに入った人がお金がかからないうちにちゃんと解約すればいいのですが、けっこうな人が忘れます。
仮に1割の人が解約し忘れただけでも、数千万という顧客をかかえているドコモであれば数百万の規模を余裕で出せてしまうのです。

実際に使いたくて使ってる人ももちろんいますが、月額が半額ということもあり、まあ半分以上の人は使っていないでしょうね。特にドコモは年配者のシェアが特に強く、複雑なスマホ契約で訳がわからなくなり、利用も解約もせずに放置している人はたくさんいそうです。最悪の場合、オプションを契約していることすらわかっていない人もいます。

これがいいか悪いかは別にして、普通に使う人にとってはすごく使えるサービスなので、こんなに他の人が自分分も一部支払ってくれて安く使えるのは嬉しい限りですね。わたしも動画サービス何がいいか聞かれたときには、dTVはおすすめする1つです。

また、上でも書いたようにドコモは携帯電話とセットで販売しており、仮に他のオプションと含めて3,000円割引をさせているのであれば、1つあたりは約300円。つまり、dTVの契約1つ獲得するあたり300円しかコストがかかっていないのです。

これはめちゃくちゃ安いです。
普通このような月額サービスを契約してもらうためには、いっぱい広告をうったりして数千円はかかります。こういうことがHuluと違ってしっかり黒字になっている理由の1つでしょう。

おさらいすると、ドコモはスマホを販売するときに割引を理由に一緒にdTVも販売しており、解約をし忘れる人もっと悪いと契約していることするわかっていない人がかなりの数いるため、実際に使う人は安く使うことができるのということです。


アマゾンプライムは別枠

余談になりますが、アマゾンプライムも動画配信をやっておりかなり充実しております。しかも値段は年間3,900円なので月になおすと約300円。めちゃくちゃ安いです。

しかしアマゾンの場合は、動画配信以外にもサービスが入っており、動画配信目的以外でプライム会員になる人もいますし、そもそも本業は通販なので、極論をいえば通販で儲かればプライムは赤字でもいいのです。

また、月額にしたら安いものの、一度課金してしまえば、確実に1年間は会員でいてくれるのも安くなる理由といえるでしょう。

わたしもアマゾンプライム会員ですが、オリジナル番組も多くてバチェラーとかほんとうにおもしろいです。
バチェラー最終回がすごすぎた件(※ネタバレあり)
関連記事